トネリコの樹の下で

物理と音楽と時々水泳。オペラに関する話題が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲルギエフ映像盤『修道院での婚約』 (プロコフィエフ)

①音盤情報
『修道院での婚約』 (プロコフィエフ作曲)

 ドン・ジェローメ: ニコライ・ガジエフ
 ドン・フェルナンド: アレクサンダー・ゲルガロフ
 ルイザ: アンナ・ネトレプコ
 ドゥエンナ(乳母): ラリッサ・ディアドコヴァ (ジャチコーヴァ, ディアドコーヴァ)
 ドン・アントニオ: イェフゲニー・アキモフ
 クララ・ダルマンザ: マリアンナ・タラーソワ
 アイザック・メンドーザ: セルゲイ・アレクサーシキン
 ドン・カルロス: ユーリ・シュクライアー
 オーグスティン神父: ヴラドミール・ヴァネーフ 、他

 キーロフ(マリインスキー)歌劇場管弦楽団&合唱団
 指揮: ヴァレリー・ゲルギエフ
 収録:1997年9月

名前については自信ないです...。
タイトルは購入元にあわせましたが『修道院での結婚』と訳される場合もあります。

②はじめに
聴くのも観るのも初めての作品。そもそもロシアものの喜劇自体はじめて。
プロコのオペラって『戦争と平和』をちょこっと聴いたことがある(けど聴き通せてない)ぐらいでした。
しかし、このオペラ自体はなかなかおもしろく感じ、かなり楽しめました。

あらすじに関してはネットでお調べいただければ、(私も幾度となくお世話になっている)他の方々の紹介が見つかるので割愛。よくある“入れ替わり”系の話です。
この台本は“The Duenna, or The Double Elopement”(直訳すると「乳母、もしくは二組の駆け落ち」)というシェリダン(R. B. Sheridan)のお芝居をもとにしています。構成が結構おもしろくて、いわゆるヒロインとその恋人よりも乳母とその家主(ヒロインの父)という、アルトとキャラクターテナーの役が目立つめずらしい作品です。

音楽はメロディや強奏を強烈に印象づけるでもないけど、丁寧に作曲されてる印象です。癖が少なく親しみやすいかと。
一方で1幕はバレエシーンは長めなので好みは出るでしょうし、音楽も話の長さに対してやや盛り上がりに欠ける気が個人的にはしています。

③指揮・オケ
多くの録音・映像を残しているゲルギエフとマリインスキー歌劇場、その手馴れた感じは見事なもの。
ゲルギエフの指揮が結構すっきりしてるので終始聴きやすかったです。
途中、舞台上でクラとペット、バスドラが演奏するのですが、彼らもお見事でした。

④歌手
登場人物が多くて、しかも各役そこそこ出番があります。初めてみる方は混乱せぬようご注意を。

キャラクターテナーが演ずるドン・ジェローメが最も出番が多く、主役とも言えます。当盤のガジエフは非常に素晴らしく、声がいちばんよく出てますし、演技も達者。
原作のタイトルロール、重要な役どころであるドゥエンナ(直訳は乳母なんですがここでは固有名詞的に使ってしまいmす)。ここでのディアドコヴァも最高で、その大見得きったおばちゃんっぷりで笑わせてくれます。また彼女のアクの少なくムラなく響く声は、(変にどろどろにならない分)喜劇的な役にもぴったり。
次にアホ担当のメンドーザ、彼を演ずるアレクサーシキンも非常に演技派で見ごたえあり。
以上三役がこの作品の要だと言えるでしょう。(次点がルイザでしょうか)。

ドゥエンナとメンドーザに加え駆け落ちするのが、ルイザとアントニオ。ブレイク前のネトレプコはかわいさ・演技のうまさ・声の露的美しさで、アキモフと共に文句なし。
駆け落ちする二組に加えてちゃっかり結婚するもう一組が、クララとドン・フェルナンド。タラソヴァも声・容姿ともに丸。ゲルガロフは歌と演技が一本調子な感はありましたが、まぁ許容範囲。

残りのドン・カルロ、オーグスティン神父といった脇役も締まっています。
合唱も問題なく、バレエも素人目にはよかったと思います。

-----
三組も結婚するオペラはなかなかありませんよね(笑)。
こう見ると端に至るまで実力派が揃っていて、さすがマリインスキーといったところですね。



((以上感想は素人耳による非常に個人的なものですのでご注意ください))
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この作品、気にはなりつつも同じくプロコの喜劇『3つのオレンジへの戀』がよくわからなかったので、敬遠しておりました^^;

しかし、キャラクターテナーとメゾとバスが活躍すると聞いてはやはりチェックせざるを得ない!笑

Basilio | URL | 2016-03-04(Fri)09:41 [編集]


Re: タイトルなし

この作品も映像だからこそ楽しめましたど、最初に音だけで聴いていたらどうなっていたか分かりませんf(^^;)。

そうですね、この三声が主役な作品も珍しいと思います(笑)。カーテンコールもこの3人がメインでした。
是非チェックしてみてください!

とねりこ | URL | 2016-03-07(Mon)15:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。