トネリコの樹の下で

物理と音楽と時々水泳。オペラに関する話題が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヨッフム('54)盤『ローエングリン』 (ワーグナー)

①音盤情報
『ローエングリン』 (ワーグナー作曲)

 ローエングリン: ヴォルフガング・ヴィントガッセン
 エルザ: ビルギット・ニルソン
 オルトルート: アストリッド・ヴァルナイ
 テルラムント: ヘルマン・ウーデ
 国王ハインリヒ: テオ・アダム
 軍令使: ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ

 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
 指揮: オイゲン・ヨッフム
 録音: 1954年、バイロイト祝祭劇場、モノラル(ライヴ)

HMVのこちらを参照しました。

②はじめに
2度目の鑑賞。54年バイロイトのライブ録音です。

ヨッフムの「ローエングリン」はマイナーながらDG正規盤があるようですが未聴。(バイロイトへの出演がない歌手が多く出てるのでいつか仕入れたいと思ってます)。

③指揮・オケ
ヨッフムは何かに憑かれたのかやる気満々だったのか、勢いがすごい。基本的にテンポ早めで、巻きすぎて弦や合唱が着いていけてないところもチラホラ。特に場面転換は速すぎて低弦が可哀想ww。
しかしその勢い、弛みなく進んでいくエネルギーは聞き応えがあります。

④歌手
キャスト6人全員が、ワーグナーが好きなら耳にタコができるほど聞いた声という稀有なライブ録音。

女傑ニルソンによるエルザは、誤解を恐れず言うと「テバルディのミミ」っぽい。若い頃とはいえもちろん声はニルソンだけど、意外と少女っぽく細やかな歌唱です。
ウーデのニヒルなテルラムント、ヴァルナイの“the オルトルート”はやはり文句なく素晴らしい。
バイロイト初登場のFDは軍令役。巧すぎて若干引くけど(笑)、ここまで歌を込めた軍令は他に無いもの。

万能英雄ヴィントガッセン、登場時はやや不安定ながら徐々に調子をあげ、2幕以降は磐石か。でも個人的には、彼の説教じみたローエングリンはちょっと役のイメージと違うかなぁ...。
アダムはそもそも若く聞こえる声ですが、さーすがに若すぎたか...。そこそこ立派だとは思うんですが、あまり声が整っていないのとすごく緊張してるっぽいのがやや残念。

合唱も指揮に頑張って付いていってます。

-----

まくしたてるような指揮に加え、眩しすぎるほどのキャスト陣に圧倒される盤となっています。



((以上感想は素人耳による非常に個人的なものですのでご注意ください))
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。