トネリコの樹の下で

物理と音楽と時々水泳。オペラに関する話題が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショルティ独語盤:『トゥーランドット』 (プッチーニ)

ちょっと異色のプッチーニです。

①音盤情報
『トゥーランドット』[独語歌唱](プッチーニ作曲)

 トゥーランドット: クリステル・ゴルツ
 カラフ: ハンス・ホップ
 リュー: テレサ・シュティヒ=ランダル
 ティムール: ウィルヘルム・シープ
 アルトゥーム: カール・シーベナー
 ピン: ホルスト・ギュンター
 パン: ペーター・オッファーマンス
 ポン: ユーゲルン・フェルスター

 ケルン放送交響楽団
 ゲオルグ・ショルティ(指揮)
 録音:1956年(モノラル)

いちおうこちらのHMVを参照しましたが、載っていない部分は自分で加えたのでカタカナ表記に自信はありません...。

②はじめに
2回目の鑑賞。独語歌唱。
今だとショルティBOXとかでハイライトは簡単に手に入るし、全曲も探せばあると思います。
音質はスタジオなのでモノラルながらまぁまぁ。聞き取りやすい音で、大音量の部分も楽しめました。

③指揮・オケ
若き日のショルティとケルンです。このペアの録音は他に独語『オテロ』を持ってます。ショルティのダイナミックな音作りがぴったりな作品だと思うのですが、後年は録音していないようです。

音の洪水なこの曲、オケも指揮もそれを十分楽しませてくれます。

④歌手
ゴルツのタイトルロール。有名なサロメ歌いですし、R.シュトラウスをこなすパワフルさを持っています。しかしはじめから鬼畜系氷姫という感じではなく、しょうがなく(?)鬼畜であることを匂わせる女性な姫君。ハイCはニルソンほど十全ではないかもしれませんが、実に素晴らしい。
モーツァルトで有名なシュティヒ=ランダル。大袈裟にならず切々と訴える訴えるリューで美しい。最後のアリアも素晴らしいので、アリア終了時は「もうここで終わりにした方がいいんじゃない?」という感じ。
この2人が特に聴きもので、数々の原語盤と戦えるペアだと思います。

ホップのバカ王子もなかなか決まっています。あまりイケメンそうじゃありませんが、パワフルだし高音けっこう頑張ってますよ。

ピンポンパン含め脇役の皆さんは私の不勉強で名前を知らない人たちばかりですが、しっかり脇を固めてますね。
合唱もオケと同じく、ショルティの要望にしっかり答えている感じ。

-----

独語であること(とモノラルであること)さえ気にしなければ、万人に薦められる録音じゃないかと思います。



((以上感想は素人耳による非常に個人的なものですのでご注意ください))
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。