トネリコの樹の下で

物理と音楽と時々水泳。オペラに関する話題が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京春音楽祭『ジークフリート』(2016年4月10日)

①公演情報
『ジークフリート』(ワーグナー作曲)

 ジークフリート: アンドレアス・シャーガー
 ブリュンヒルデ: エリカ・ズンネガルド
 さすらい人: エギルス・シリンス
 ミーメ: ゲルハルト・シーゲル
 アルベリヒ: トマス・コニエチュニー
 ファーフナー: シム・インスン
 エルダ: ヴィーブケ・レームクール
 森の鳥: 清水理恵

 NHK交響楽団
 指揮: マレク・ヤノフスキ
 音楽コーチ: トーマス・ラウスマン
 映像: 田尾下 哲

HPはこちら

②はじめに
毎年恒例、東京春音楽祭のワーグナーシリーズ。今年も聴きに行くことができました。
このシリーズで今回が一番満足度が高い演奏会でした。やはりこの作品はジークフリートに人を得ると格段に面白くなりますね。

これも恒例の背景CG、前回よりはよかったと思います。2幕ぐらいあまり動かないCGが音楽を邪魔しなくていいかなぁと。

③指揮・オケ
ヤノフスキってジークフリートを得意としてないイメージだったのですが、そんなこともなかったようです(笑)。最後の2重唱だけはあっさりしすぎに感じましたが、それ以外は◎。
最近のN響定期は聞いてないのですが、このシリーズでのN響のライブ感は好印象。キュッヒルのコンマスソロ、アングレの下手吹き、角笛ホルンもそれぞれよかったです。

④歌手
なんと言っても題名役のシャーガー!! 歌もそうですが演技も終始ノリノリ。更にはカーテンコールに大きな投げキッスで返すスターっぷり。
1幕の鍛冶の歌から圧倒的でしたが、幕が進むにつれて更に調子を上げていくのだから驚きです。勢いで歌ってる部分は多いですが、一方でブリュンヒルデが起きる前のシーンでは丁寧な表現も聞かれました。さすがはいろいろな役を歌ってきたベテランですね。
暴力的なまでの力強さランス・ライアンが勝るでしょうが、シャーガーのほうが声質や歌い口は断然好みです。立ち姿も映えますし、今後に期待が高まります!!

次はミーメ役のシーゲル、彼もシャーガーに負けないぐらいの拍手がありました。実はミーメって1幕80分間出ずっぱりなので大変なんですが、シーゲルの声の最後まで通ること通ること。ヘルデン出身のミーメと言うことで、キャラクターテナーが歌ったときとはまた違った旨味があり、素晴しかったと思います。

このシリーズお馴染みシリンスのさすらい人、安定感があります。2幕のアルベリッヒとのダイアログや、3幕のジークフリートとのやり取りでの巧さが印象的でした。
2年前の『ライン』で魅せてくれたコニエチュニーも健在。演技だけでなく、声で勝負できるアルベリッヒです。
ファフナーのインスン、フンディングより合ってます。斃された後のやりとりもびしっと締めてくれました。

と、男性陣が強力だったのもあり、(もともとあまり出番の無い)女性陣は普通といった感じか。
ズンネガルドは線が細めのブリュンヒルデ。声自体はいいのですが、楽譜をよく見ていたためか声が飛んでこない箇所がややありました。『ワルキューレ』や『黄昏』の同役を実演で歌うのはまだ厳しいかと思いますが、今後に期待。
レームクールのエルダは手堅い歌唱だった印象。
清水さんの森の鳥はその瑞々しい声が印象的。彼女のようなコロラトゥーラ過ぎない歌唱のほうが好みです。

-----
全体として満足度の高い演奏会でしたが、特にシャーガーには驚かされました。
彼のジークフリートはyoutubeで検索すると見つかるので、ぜひ聴いてみてください。
(特に野外コンサートのやつがおススメ)。


((以上感想は素人耳による非常に個人的なものですのでご注意ください))

スポンサーサイト

PageTop

新国立劇場『イェヌーファ』(2016年3月8日)

忙しさにかまけてサボっていたせいで、すごく遅くなってしまいましたが...。

①公演情報
『イェヌーファ』(ヤナーチェク作曲)

 ブリヤ家の女主人: ハンナ・シュヴァルツ
 ラツァ・クレメニュ: ヴィル・ハルトマン
 シュテヴァ・ブリヤ: ジャンルカ・ザンピエーリ
 コステルニチカ: ジェニファー・ラーモア
 イェヌーファ: ミヒャエラ・カウネ
 粉矢の親方: 萩原潤
 村長: 志村文彦
 村長夫人: 与田朝子
 カロルカ: 針生美智子
 羊飼いの女: 鵜木絵里
 バレナ: 小泉詠子
 ヤノ: 吉原圭子

 東京交響楽団・新国立劇場合唱団
 指揮: トーマス・ハヌス
 演出: クリフトフ・ロイ

新国のHPはこちら

②はじめに
まともに聞いたことが一度もないという、ド初見での鑑賞。

ベルリンオペラのプロダクションを持ってきたもので、ほぼ同じキャストによる映像商品化もされているようです。
ヤナーチェクのオペラをこの近場で、かつ非常に高い質で上演してくださったことに感謝です。

演出に関してはあの“ゾフィエンザール×影のない女”のロイだということで少々不安でしたが、無用な心配でした。白を基調にしたシンプルな舞台セットで、人物の内面にフォーカスしたような演出。恐らく変に写実性を追求するよりも、このオペラの重ーい題材に合った方針だったと思います。
舞台がスッキリしている分、初めての私も混乱なく楽しめました。特に2幕で窓を開けた瞬間の舞台の美しさが感動ものでしたね。

③指揮・オケ
棒とオケにも賛辞を。改めてヤナーチェクいいなぁ、と思わせてくれる好演。
テンポ感が次々変わり、しょっちゅうゲネラルパウゼが挟まる中で歌と合わせなきゃならない難曲だと思いますが、統率が行き届いていたようです。

バス弾きとしてはいつか演奏してみたいですね。とっても楽しそう。

④歌手
(以下、感想を書くまでに時間が経ってしまい、細かいところ忘れてしまったため、少し軽めの感想になってます^^;;)。
まず素晴らしかったのがラーモア。彼女がこういうドラマチックな役を歌うのを聴くのははじめて。特に2幕のモノローグは大迫力でした。
イェヌーファ役のカウネやラツァ役のハルトマンも文句なく、特に2幕3幕で安定した歌唱だったと思います。

オペラ界屈指のクズ、シュテヴァ役のザンピエーリもいい演技で、声もこういう役にあっていたと思います。(ヒロイックな役をよく歌っているようですが)。
実は声が一番大きかったのは女主人のシュヴァルツで、超豪腕女主人って感じでしたねw。

その他脇役・合唱もよかったです。
ちなみにチェコ語は本当に微塵も分からないので、発音が良かったのかは私には到底判断できませんw。
-----

ヤナーチェクの良さを再確認した夜でした。
特にコステルニチカという役にはまってしたため、いろいろ音源が欲しくなってしまいそうです。



((以上感想は素人耳による非常に個人的なものですのでご注意ください))

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。